11月26日の花言葉

【ノコギリ草】・・・指導

キク科 多年草
別名:ヤロウ(ヤロー)
ギザギザした形から「ノコギリソウ」という名が
つけられました。
強健で少々の日陰なら耐えます。
またこの花の周りに別の植物を植えると根からの
分泌物で活性化され、元気になると言われていま
す。 ハーブとしての効能も多く、ティーは、風
邪の時に、生葉を刻んでサラダにも。 葉をもん
だ時の汁が止血作用があるのも良く知られていま
す。 ドライフラワーとしても利用されます。


11月25日の花言葉

【リュース・コチナス】・・・賢明

11月24日の花言葉

【ガマミズ】・・・愛は死より強い

スイカズラ科ガマミズ属。
春に白花を咲かせ、果径6ミリほどの赤実が沢山なる。

11月23日の花言葉

【シダ】・・・誠実

大昔の恐竜時代?に現れた原始の植物です。
馴染みの深いシダはワラビ科、ゼンマイ科、ウラジロ科
のワラビ、ゼンマイ、ウラジロです。
ワラビ、ゼンマイなど、山菜として利用され、ウラジロ
は正月のしめ縄の飾りに利用される。
シダ類は、葉が美しく、押し葉標本もきれいに仕上がる。


11月22日の花言葉

【ヘビノボラズ】・・・気むずかしさ

メギ科メギ属
湿地の開けた場所や林縁に生育する落葉性低木。
初夏に黄色の花を数個つけ、実は秋に赤く熟します。
名前の由来は、枝に棘があり蛇でさえ登れないという
意味らしい。

11月21日の花言葉

【ホタルブクロ】・・・誠実

キキョウ科ホタルブクロ属。
葉はハート形で釣り鐘型の花をつける。
ホタルブクロの由来は、子供が虫篭代わりに花の中
に蛍入れて遊んだ。という説と、釣鐘型の花を提灯
に見立て、火垂(ほたる・提灯の古い言葉)とした
説とがあるとか。日本各地に自生し、標高が高い地
域の花色は濃くなる傾向があります。


11月20日の花言葉

【ウシノシタグサ】・・・真実

ムラサキ科 ウシノシタグサ属。
別名:アンチューサ
澄んだブルーの花を咲かせる、ミツバチの大好きな花。
全体的に細かい毛で覆われており、ろうと状の小さな青紫色の
花をつけます。若い花と葉は生食できます。


11月19日の花言葉

【オトギリソウ】・・・秘密

オトギリソウ科 オトギリソウ属。
別名:セント・ジョーンズ・ワート
夏にレモンの香りがする黄色い小花を咲かせます。
乾燥させた葉と花の抽出液には神経痛や関節炎を
和らげる効果があります。
また、バーブティにして飲むことができます。


11月18日の花言葉

【ヤマユリ】・・・荘厳

ユリ科ユリ属。
日本はユリの原種の宝庫でテッポウユリ、ササユリ、スカシユリ、
ヤマユリなどがあります。ヤマユリは白い花弁に黄色縞筋、がく
の先端は赤い色と色彩も艶やかです。


11月17日の花言葉

【フキ】・・・公平

キク科フキ属の多年草。
葉よりまえに花茎がでるが、これを「ふきのとう」という。
ふきのとうの若葉やつぼみは茹でておひたし、あえもの
味噌汁の具やてんぷらなどとしても美味しく楽しめます。




11月16日の花言葉

【クリスマスローズ】・・・追憶

キンポウゲ科クリスマスローズ属。
「クリスマスローズ」とは、クリスマスのころに開花する
ヘレボラス属全体を指しますが、本来は「クリスマスローズ」
は「ニゲル」という原種名です。




11月15日の花言葉

【オウゴンハギ】・・・謙そん

オウゴンハギについてよく分からなかったので
「ハギ」について書いてみました。

マメ科ハギ属。
秋の七草の1つとされています。
日本には、数十種類のハギが自生していますが、
その種類の違いを見分けることがむずかしいので、
ハギの仲間全部を総称して「ハギ」と呼んでいます。
ハギは、生え芽という意味で、古い株から芽を出す
のでこの名がついたといわれている。






11月14日の花言葉

【マツ】・・・不老長寿

マツ科マツ属の針葉樹。
主に庭木や盆栽によく用いられ、長寿を表す縁起のよい木
といわれている。
松の実は、食用に、松脂はシャボン玉原液や弦楽器に使用
される弓の塗布剤などに利用されている。


12月2日の花言葉

【コケ】・・・母性愛

土や岩、木の幹をうすくおおっているすべてのものや
コケ庭によく使われるスギゴケや、庭に生えるゼニゴケ
をさします。


11月13日の花言葉

【コウスイボク】・・・忍耐

クマツヅラ科。別名:レモンバーベナ
強いレモンの香りがすることから「香水木」と名づけられました。
初夏から夏にかけて、白色の小さな花を咲かせます。
葉は魚や鳥肉料理、野菜のマリネ、サラダドレッシング、ジャム、
プリン、飲料にレモンの風味を加えるのに使われる。
また、ハーブティーやシャーベットにも使われる。


11月12日の花言葉

【レモン】・・・心からの思慕

ミカン科 キトルス属。
庭に植えると「代々(橙)家が栄える」と言われる、縁起の良い
柑橘果樹。常緑樹で花は美しく芳香があります。
ビタミンCを多く含むことから美白、美顔用の材料にも用いられる
ことがあるが、皮膚炎を起こすリスクもある。



11月11日の花言葉

【白いツバキ】・・・ひかえめな愛情

ツバキ科ツバキ属。
花首から落ちることから、不吉な花といわれるのは昔のこと。
切花でも楽しめ、茶花や一輪挿しにも使えます。
種子(実)を絞った油は椿油。


11月10日の花言葉

【フヨウ】・・・繊細な美しさ

アオイ科 フヨウ属。
一般的に薄い桃色の一重の花が咲きますが、白花もあります。
また、白→桃色と色変化をするものも。
「酔芙蓉(スイフヨウ)」は、その色変化の種の八重咲きタイプ。
アメリカフヨウと呼ばれる Hibiscus moscheutosもあり、
これらを交配して生まれた、園芸品種も数多くあります。 
一日花ですが、花期には次々と花を咲かせる、丈夫な植物です。


11月9日の花言葉

【ミルラの花】・・・真実

カンラン科コンミフォラ属(ミルラノキ属)
お香として古くから利用されていた。
殺菌作用を持ち、鎮静薬、鎮痛薬としても使用されていた。
昔、ミイラ作りに遺体の防腐処理のために使用されていたため、
語源はミルラから来ているという説がある。

11月8日の花言葉

【センノウ】・・・機知

ナデシコ科 センノウ属。
京都嵯峨の仙翁寺にちなんでこの名が付けられた。
耐寒性、耐暑性があり育てやすい宿根草です。


"もっと"簡単ショッピング Store-mix.com SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート ブログランキング・にほんブログ村へ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。