庭の土づくり【もぐらの節約ガーデニング】

Let's Play 節約ガーデニング

庭の土は簡単に入れ替える事ができません。そこで、土壌改良土で土質を改善しましょう。

土壌改良土

土壌改良土にはもみ殻くん炭、堆肥、腐葉土、軽石、ピートモス、バミューライトなどがあります。

もみ殻くん炭
もみ殻を蒸し焼きにしたもの。通気性がよい。

腐葉土
落ち葉を長期間、完熟に成るまで醗酵を繰り返したもの。通気性、水はけ、水もちがよい。

堆肥
製材業並びに木材チップ業より大量に発生する樹皮(バーク)を堆積し醗酵させたバーク堆肥、牛ふんを発行させた牛ふん堆肥などがある。

軽石

表面に無数の小さな穴が開いた、固い石。排水用に鉢底石として用いることが多い。多肉植物や洋ラン、山野草など水分が少ない土を好む植物では、基本用土として用いることもある。

ピートモス
湿地に堆積した植物が泥炭化した酸性土。通気性、水はけ、水もちがよい。

バミューライト
蛭石を高温で焼いた人口の土。通気性、水はけ、水もちがよい。


【土づくり】

粘土質が多く水はけや通気性が悪い土では植物はうまく育ちません。通気性、水はけのよい土に土壌改良しましょう。

1.石灰をふりかけ、小石やごみなどを取り除き、深さ40〜50センチ耕す。

2.2週間程度そのまま放置。

3.土壌改良土をまぜて耕す。



【市販の土を利用する】

『めんどくさい』、『土づくりに自信ない』、『ちょっとだけ植えたい』という方には市販の土を利用しましょう。
ホームセンターなどで『〜の土』と書いたもの見かけませんか?
植える植物が少ないときなどは土をつくる手間も時間もかからず土が余ったりということもないのでコストダウンにも・・・

ちょっとだけ植えたいときは市販の土の方が体力的にも、金銭的にも節約できます。

有機野菜の土

バラの土

山野草の土

ハンギングの土

サボテン・多肉植物の土


人気ブログランキング【もぐらの節約ガーデニング】

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

"もっと"簡単ショッピング Store-mix.com SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート ブログランキング・にほんブログ村へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。